伊勢原CB

Yahooブログから引っ越しました、「あの頃の未来」伊勢原CBです、Yブログで知り合った方が訪問の際には、メッセージで貴殿のURL等をご連絡いただけますと幸いです。

    2010年09月

     久し振りにバイク弄りをしました、Fフォークばらばら。
     
    イメージ 1
     
     GN125のFフォークです、息子が通勤で使っていますが最近OIL漏れが。
    イメージ 2
     
     OILシールを抜いて
    イメージ 3
     
    新しいシールを入れるときは古いシールを乗せて、ゴムハンマーで
    イメージ 4
     
     ここまではお馴染の作業ですね、それではブログ的に詰まらないので、チョット違った事をしたいと思います。
     
     
     
     違った事と言うのはこれです
     
    イメージ 5
     
     フォークOILに、タービンオイルを使ってみました(汗)GN125のFフォークのOIL量を調べていたら、このオイルが使えるらしいとネットで見かけて試しに入れてみました。
     
     ISO・VG32は10Wより少しやわらかいみたいです、臭いはフォークOILと同じでした。
     
     走った感じは少しソフトかな? そんなに飛ばす走りでも無いし、車体も軽いので違和感は無いです、 でもこのOIL持つのかなぁ?すぐ駄目だったりして。(爆)

     今年は、猛暑の影響か今までの雨不足の影響か、御山のきのこは不調のようです。
    イメージ 1
     
     今日午後に、思いがけず(雨のお蔭で)時間が出来たので、御山に行って来たんですけど、採れたキノコはこれだけ、ハナイグチ2ヶのみ(汗)
     
     
     雨が強く降る中、カッパを着て一時間ほど森林浴をしてきました、雨の樹林は気持ち良いです。
    イメージ 2
     
     キノコの姿が無いので早めに切り上げて、道の駅富士吉田で吉田うどんを食べて帰ってきました。(肉うどん大盛¥500)
    イメージ 3
     
     ここはいつも水汲みババアやジジイがいっぱいですが、雨のためかいませんでした。
    イメージ 4
     

    イメージ 1
     
     この写真は富士スピードウェイの30度バンクです、そして、そばに有った看板です。
     
    イメージ 2
     
     
    イメージ 3
     
     1974年の富士GC第2戦を最後に使用されなくなったと書いてあります
     
     1974年の富士GC第2戦で何が有ったのかはご存知の方も多いと思います、当時は日曜日にテレビでレースの中継をよくやった様に思います、そしてそれを見ることが楽しみでした、74年の富士GC第2戦もテレビで見ていました、白い車がスピンしながらバンクを落ちていく光景を今でも憶えています、そして黒煙をもうもうと上げながら炎上していたのもよく憶えていますこのレースアクシデント風戸裕鈴木誠一の二人のドライバーが命を落としました。そして30度バンクは使われなくなりました。
     
     その前の年73年の富士GC最終戦でもこの30度バンクで事故がおきています、その時も事故車両は激しく炎上し、シェブロンの中野雅晴選手が亡くなりました、そしてこのレースの1位2位は、鈴木選手と風戸選手でした
     
     
    イメージ 4
     
     コース脇に大きな木が一本立っています、この辺りが73年の中野車、74年の鈴木車が燃え尽きた場所ではないかと思います。
     
     今、30度バンクを見ると昭和の遺跡といった雰囲気です。

     パドックでは、自分の出番まで思い思いに過ごしています
    イメージ 1
     
     大きな選手権の懸かった大会と違いピットロードものんびりムード
     
    イメージ 2
     
     コース上では、ロケットのようなサイドカーが爆走中!
     
    イメージ 7
     
     こちらはサイドカーらしさがある車両、クラスが違うようです
     
    イメージ 8
     
     
    いよいよCB500Rに決戦の時が、コースインです
     
    イメージ 9
     
    お手伝いは、ちゅうさんです。
     
    イメージ 10
     
    グリッドは何処かな
     
    イメージ 11
     
    こっちでした
     
    イメージ 13
     
    グリッドに着いて一安心、リラックスしすぎだろ(爆)
     
    イメージ 12
     
    フォーメーションラップ終了
     
    イメージ 14
     
     赤旗を持ったオフィシャルが下がるといよいよスタート、緊張の一瞬!
    スタートのタイミングにあわせてアクセルをグリグリやってます、見ている方も手に汗握る瞬間です。
     
    イメージ 3
     
     タイミングよくスタートしたT田号、一コーナーに向かってグングン加速していきます。
     
    イメージ 4
     
    順調に周回を重ねます
     
    イメージ 5
     
    転倒せず健闘して前回よりも良いタイムでゴール
     
    イメージ 6
     
     
    当初の目的の無事完走を果たしました。
     
     どんなに速くても、レースは完走しなければ話になりません、この完走が次回の結果へと繋がります。
     
     
     
     

     T田号の予選も無事終了し、師匠さん、Yブログレモンイエローヘルメットのちゅうさんと、第4回クラシックバイクミィーティング会場に向かいました。
     
     会場入口には有名なバイクが
    イメージ 1
     
     
    こちらは、元祖YB-1
     
    イメージ 2
     
    ちゅうさんのCB450、DOHCがイカシテマス。
     
    イメージ 3
     
     
     会場には、クラシックなバイクが沢山、70sはまだヒヨコかな、当時からの状態を保っている車両やピカピカレストア車両など、沢山写真を撮りましたので、フォトムービーを作りました、よろしかったらどうぞ。
     
     

    このページのトップヘ