伊勢原CB

Yahooブログから引っ越しました、「あの頃の未来」伊勢原CBです、Yブログで知り合った方が訪問の際には、メッセージで貴殿のURL等をご連絡いただけますと幸いです。

    CB550


    正午過ぎに出発で、ポイント到着は14時過ぎ
    イメージ 1

    イメージ 2

    第一ポイントは乾いちゃってキノコがロクに出てないぞ

    これは先行者の仕業
    イメージ 3

    ↑↓チャナメツムタケ、食菌だけどポイしてある
    イメージ 4

     毒のカキシメジと間違えることもあるので、自信がないなら採らないのは正解、でも採らないなら、弄らなきゃ良いのに、我が家では評判が悪いのでチャナメは採りません、なので触りませんが。


    乾いて割れちゃったベニテング
    イメージ 5

    乾いちゃって成長できないハナイグチ
    イメージ 6

    乾いちゃったオニナラタケ
    イメージ 7

    イメージ 10

    手遅れのオニナラタケ
    イメージ 8

    クリフウセンタケも渇き気味
    イメージ 9

    ヌメリスギタケモドキもカラカラ
    イメージ 11

    ヌメリスギタケモドキも採らない、そんなに美味しくないからね
    イメージ 12

    沢筋の湿気てる場所で良さそうなオニナラタケ
    イメージ 13

    今日は俗に言うアシナガ(ナラタケ)狙いで行ったけど良いの無しでザンネン

     年配のきのこ師と情報交換して、籠の中を見せてもらったけど、オニナラ、クリフウセン、チャナメばかり、残念そうにここはアシナガは今年は無いねって、自然相手だからこんな年もあるさ、たまに当たるから面白いのよ。

    でも今日の本命はここ
    イメージ 14

    富士吉田の有名店?
    イメージ 15

    富士吉田のソウルフードをおみやげに、馬のモツ煮(牛のセンマイも入ってるけど)
    イメージ 16

     甘めの汁で煮込んであってよく味がしみてる、レバーみたいなのは馬のフワ(肺)
    独特の風味がなかなか芋焼酎にあうな~、この煮込みは他には無い独特な味、この味に馴染んで酒を飲んでる人達は、これじゃないと駄目だろうと思わせる独特感、良いもを食べることが出来ました。

    おわり


    今日も黄金色の中を走って
    イメージ 1

    標高高いと寒いね
    イメージ 2

    目的地は雨だし
    イメージ 3

    道沿いの土手に発見、今日は有りそうな予感
    イメージ 4

    ポイントに入ると

    ムラサキシメジ、出るのいつもより早いような
    イメージ 5

    ハナイグチ発見、思ったより少ないな~
    イメージ 6

    更に歩いて、ハナイグチ(縁が黄色いタイプ)
    イメージ 7

    この中にキノコがあるんですが
    イメージ 8

    これね、岩の下にクロカワ
    イメージ 9

    食えないホウキタケの仲間
    イメージ 10

    オオツガ見っけ、今日は獲物が少ないのでゲット
    イメージ 11

    ヤマイグチは人気ないけど、茄子とそば汁作ると意外とイメージ 12
    ↑手遅れ気味で下ごしらえが面倒だからパス

    もう一つクロカワ、採ったらすぐ綺麗にお掃除しちゃいます
    イメージ 13

    コイツは何だ?
    イメージ 14

    アミハナイグチ、今日は沢山出てたよ、味噌汁に良いなんて言うけどパス
    イメージ 15

    シロヌメリとか、キハツとか色んなのが出てたけど写真無し
    食えるのは先行者に採られて少なかった~(涙)
    早い者勝ちだからしょうがないね。

    今日の収穫
    イメージ 16

    フジアザミ
    イメージ 17

    帰りは道志を走って、平日の道志道はガラガラで、殆どクリアー!最高!!

    約200kmのキノコ狩りツーリングでした

    おわり



    イメージ 3

    三ヶ月振りのCB550、走り出しから快調
    イメージ 1

    いつものルート413、夏場は平日でも交通量が多め
    不慣れなドライバーが多いので、トップスローでのんびりと
    イメージ 2

    清流道志川
    イメージ 5

    スカッと爽やか
    イメージ 4

    入ったら気持ち良いだろうな~
    イメージ 6

    2時間半のショートツーでした

    おわり


    道幅の狭い県道59号線をゆっくり下って行く

    イメージ 1

    頭の中に描いていた交差点は、出てこない

    やがて県道は渓流に沿って下って行く

    イメージ 2

    道沿いには、松崎らしさを感じる建物
    イメージ 3

    海辺で国道136号と合流
    イメージ 4

    頭の中では、湯ヶ島から冷川経由で伊東へ行こうと考えていましたが

    あやふやな記憶のせいで、思いがけずに松崎へ来てしまいました
    (これはこれで結果オーライ)

    松崎といえば名物は
    イメージ 5

    お土産に買いまして

    県道15号線で、婆娑羅トンネルを抜け、下田を目指します

    県道沿いにオレンジ色が一面広がって
    イメージ 6

    イメージ 7

    蓮台寺店で自分に燃料補給を
    イメージ 8

    時間は14時を回ったところ、走行距離は163km
    イメージ 9

    最終目標帰宅時間から逆算すると、一時間ほど時間に余裕が

    次回ここまで来られるのは、いつになるか分らないので、寄り道をする事に

    舞磯
    イメージ 10

    大浜
    イメージ 11

    田牛(とうじ)
    イメージ 12

    田牛からマイナーな道で、弓ヶ浜
    イメージ 13

    久し振りの、南伊豆の白い砂浜を官能して

    弓ヶ浜まで来るなら

    松崎から蛇石峠経由か、マーガレットラインを走れば良かったかな

    なんて考えながら14時45分、我が家に向かって弓ヶ浜を出発

    帰路は国道135号線で東伊豆を

    伊豆高原でトイレに一度、伊東で給油に一度止まったきりで

    各所で、工事等渋滞に悩まされながら

    18時10分無事カエルでした。

    最近、東伊豆は渋滞が酷いなぁ

    走行距離、約320km 燃費約24km/L

    心の埃が少し掃えたツーリングでした

    おわり




    心の埃を掃うには風に当たるのが一番さ


    一つの失敗が最悪の状態になる、その危険に近い乗り物

    全てのリスクを確実に回避しながら走る

    路面の状態、最適なギヤの選択、アクセルの操作 ・ ・ ・ 

    自分の技量の範囲内で確実な走行

    オートバイを走らせることだけに夢中になる、そんな時間が人生には大切さ


    県道127、西伊豆スカイライン

    戸田峠から木立の中を少し走ると
    イメージ 1

    視界が開く尾根に出る
    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    対向車も後続も来ない、貸切状態
    イメージ 5

    船原峠
    イメージ 6

    ここから湯ヶ島方向へ行こうかと、お茶を飲みながら一寸休憩

    先の仁科峠からも、湯ヶ島へ行く林道があったよな~って

    気持ちの良いスカイラインをもう少し走りたいので

    仁科峠を目指して
    イメージ 7

    イメージ 8

    イメージ 9

    前方に標識
    イメージ 10

    近付くと
    イメージ 11

    標識には、湯ヶ島は左、仁科峠は直進
    イメージ 12

    松崎から仁科峠を通って湯ヶ島への林道があると、勘違いな記憶で

    ここを直進、しかし、ここでミスコース(正解はここを左でした)

    雲が切れて、日光を浴びながら気持ち良く進む
    イメージ 13

    イメージ 14

    標識発見、仁科峠かな
    イメージ 15

    標識には、左は松崎、右は国道136号
    イメージ 16

    右国道136号って事は、宇久須へ行くなと思い

    これから行こうとしている道は、松崎から湯ヶ島へ続く道なので

    松崎方面へ進めば、湯ヶ島への交差点があるだろうと松崎方面へ

    道は林道
    イメージ 17

    イメージ 18

    イメージ 19

    つづく

    このページのトップヘ