伊勢原CB

Yahooブログから引っ越しました、「あの頃の未来」伊勢原CBです、Yブログで知り合った方が訪問の際には、メッセージで貴殿のURL等をご連絡いただけますと幸いです。

    CB250K2


     アクセルをオフにしてカーブに近付く、クラッチを握りシフトダウンと同時にアクセルを煽り回転を合わせ、クラッチを繋ぐ、カーブの角度に合わせ車体を傾け、カーブの頂点少し手前からアクセルを開ける、小気味良い振動を体に感じ、響く排気音が耳に気持ち良い、車体を外側へ引っ張る遠心力と、車体が内側へと倒れこむ力のバランスがピッタリと一致した状態、それをコントロールする楽しみは、オートバイの魅力の一つだ。



    今日はここで時間切れUターン

    行き着いたのは、上野原、相模湖上流(桂川)
    イメージ 1

    ヘルメットは色でコーディネート
    イメージ 2

    青空の下を走るのは気持ちイイ~

    おわり
    (記事も動画も手抜きです)


    暖かい日差しを浴びながら小田原へ

    今日の目的地は、石橋~根府川の丘陵地帯
    イメージ 10

    見降ろす景色は、西湘バイパス石橋付近
    イメージ 11

    河津桜かな?
    イメージ 1

    歴史好きな方は、大きくして読んでくださいな。
    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8

    みかん山の作業道路を登ったり下ったり、楽しい散策でした。

    昭和な建物は、小田原市役所根府川支所(旧小学校かな)
    イメージ 9

    おわり


     白と青に塗り分けられたガソリンタンクの下にある、249ccのパラレルツインエンジンから機械的な音が賑やかに聞こえる、激しく動くカムチェンやバルブの音だ、二ーグリップを緩めるとその音は一段とよく聞こえる。
    イメージ 1

     路面と平行に後ろへ伸びる、クロームメッキされたマフラーから小気味良い排気音が吐き出される、低速ではリズミカルに、五千回転を越えるとエンジンが喘ぎ始める、七千を越えると車体がバラバラになりそうな振動だ、レッドゾーンを過ぎても回り続けようとするエンジンは実に頼もしく、ライダーを満足させる。


    まずは軽快な排気音を楽しみながら、いつもの場所で
    真冬には、革のジャケットより合成繊維の物が暖かい
    イメージ 2

    田舎な景色を走り
    イメージ 3

    イメージ 4

    大井町の菜の花ポイントは少し黄色い
    イメージ 5

    ピンボケじゃん
    イメージ 6

    冬枯れの里山
    イメージ 7

    オフ車なら行けるね
    イメージ 8

    イメージ 9

    次は土手の道を
    イメージ 10

    階段で行き止まり、トラ車なら行けるか?
    イメージ 11

    反対側から行き止まりまで
    イメージ 13

    イメージ 12

    林道はゲートが出来て入れなくなった
    イメージ 14

    残念
    イメージ 15

    2時間30分の里山散策でした
    イメージ 17


    ブレーキペダルの踏み心地が変だなと思っていたら、取り付けボルトが緩んでた
    たまには点検しないとイケナイね
    イメージ 16

    おわり


    今日の神奈川は良い天気で風も無く、暖かさに誘われてエキスポート

    いつもの場所でハイポーズ、空が曇ってきたよ~
    イメージ 1

    万年さん、みっちゃんと大晦日に走った道を
    イメージ 2

    今回は未舗装路は走らずに富士山ポイントへ、曇りでイマイチ
    イメージ 3

    平野屋さんでお昼を
    イメージ 4

    カツ丼
    イメージ 5

    モツ煮
    イメージ 6

     平野屋さんのカツ丼は玉葱が入らない、タレは甘めでつゆだく、玉子でとじる感じは無く、カツの衣に沁み込んでる独特なスタイル。モツ煮の味付けも甘めで濃い、ビール無だと辛い~、おばちゃんが入れてくれた渋いお茶で我慢。

    食事が澄んだら曽我丘陵越えの山岳コースで、我が家を目指す
    イメージ 7

    イメージ 8

    三時間のお出掛けでした
    イメージ 9

    出掛けたら曇っちゃって、暖かさは梅一輪でした
    イメージ 10

    おわり


    山北駅前の建物は雰囲気良いです
    イメージ 1

    電気屋さんもレトロ
    イメージ 2

    本日のお目当て「しみず」
    イメージ 3

    女将さんに了解をもらって撮影してます

    昭和な店内
    イメージ 4

    掃除が行き届いて、塵ひとつない
    イメージ 5

    そうそう、ストーブはこれだよ
    イメージ 6

    営業中の看板は出ていましたが、2時30分入店で
    「大丈夫ですか」と訊くと大丈夫との返事
    恰好からバイクの客と分って
    これからお昼ですか、寒かったでしょうこちらへどうぞ」と
    ストーブ近くの席を進められ、気配りが嬉しい対応でした

    接客、清潔感はネットの評判通り、真面目な女将に真面目な店員

    「お客さんに出てるよってよく言われるけど、そういうのを見る機械が無いから見たこと無いんですよ」と女将さん

    「いつの間にか皆さん写真を撮っているんですねぇ」とも話していました

    生け花も心得があるんでしょう
    イメージ 7

    イメージ 8

    イメージ 9

    メニュー
    イメージ 10

    頼んだのはラーメン
    イメージ 11

    真面目なお味でした

    店員さんも気遣いの対応、支払い時に「お水は足りましたか」と一言

    奥から「お口に合いましたでしょうか」と女将さん

    「また来ます」とお店を出ました

    次回は噂のカツ丼を食べたいです

    なんだか良い思いをした様な、得した気分で

    国道246号を走って無事カエルしました
    イメージ 12

    おわり

    このページのトップヘ